引っ越し どうする

引越し業者をどうするか迷った時のいい方法

引っ越し 安い

引っ越し 格安

引っ越し 激安

引っ越し 相場

引っ越し 比較

 

引越し業者は数が多すぎて、どこが評判がいいのかわかりにくいですね。

 

荷物が多いほど、引越し距離が長いほど費用は高くなります。

 

あなたの引越し費用の相場を知りたいなら、複数の会社から見積もりを取ってみるしか方法はありません。

 

今は1回入力するだけで、最大10社から一括で見積もりすることができます。

 

引っ越し 見積もり

 

何度も問い合わせる手間がありませんし見積もりは無料ですので、ぜひご活用くださいね!

 

サービス内容や料金を比較して、良い引越し業者を選んでください。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引っ越しの手順

 

引っ越し 手順

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからすぐがオススメです。
なぜかというと、新居の階数やエレベーターの有無、駐車場の状況などの情報がなければ、正確な金額を出すことができないからです。

 

荷物は余裕を持って早めに梱包していきましょう。
あまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包するのがいいですよ。

 

そして不用品はできるだけ引越し前に処分しましょう。新居に運ぶのに費用がかかるのは無駄な出費になります。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは各会社で違いますので、電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って、引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしましょう。
1年間は転送してくれるのでその間に引越しした新住所を知り合いに伝えるといいですね。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくとスムーズです。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。
面倒だからと先延ばしにすると、大事なときに使えなかったりするので、お忘れなく。

 

 

引越しと初期費用

 

引越し 契約費用

 

引越しの時、物件の契約費用はいろいろな内訳があり、合計するとまぁまぁ高額になるので驚きます。
どんな費用なのかしらないままに支払っていることがあるのですが、一度確認してみてください。

 

物件の契約費用には敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などがあります。

 

敷金は契約した部屋を退去する際に傷んだ壁や床を直す費用です。
管理会社に入居の前に預ける形で徴収されることが多く、部屋を綺麗に使っていて修理の箇所がなければ、余ったお金は返金されることもあります。
もともとあった傷や壁の汚れは、入居の前にしっかり確認し、写真などで証拠を残しておくのをオススメします。

 

礼金は貸主へのお礼のお金です。
ずっと昔から慣習的に支払われていたものですが、最近は礼金ゼロという物件もあります。
賃貸経営人気で物件が増えたため、差別化を図ろうとしている大家さんがいるようです。

 

2〜3か月分の家賃の先払いを求める大家さんもいます。
これはちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。貯金がなければ簡単に引越しができないということですね。

 

しかし逆にフリーレントといって、一定期間家賃が無料ですから、ぜひうちの物件にお入りくださいというケースもあります。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払うお金です。
法的に決められた数字はなく、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって違います。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近は一人親や一人っ子など事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
今は連帯保証会社利用費用を支払って、保証会社に身元の保証を依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
なぜならばもし隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ、火元の相手に賠償を請求することはできないからです。
自分の生活を守るために火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換をしてくださいね。
もし万が一前の住人がスペアキーを作っていた場合、相手は良い人という保証はありません。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではないので、鍵は交換してください。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり契約書を確認しましょう。

 

 

大手と地元の引越し業者

引越し業者って驚くほどたくさんあります。どこがいいのかわからず、実に困ります。

 

テレビで見るような大手の引越し業者がいいのか、それとも地域の引越し業者がいいのか迷いますね。
それぞれに良いところがあるのをご存知ですか?

・大手の引越し業者の良いところは、社員教育がされていて仕事が丁寧。
・地域の引越し業者の良いところは、料金が安くなりやすいこと。

 

「大手の引越し業者にお願いすればいいじゃない!」と思うでしょうが、いかんせん大手は料金が高めになる傾向があります。
やはり料金やサービス・保障などを比較して総合的に判断しましょう。

 

引越し料金が、どのくらいの差があるかは見積もりしてみないとわかりません。
まずは、一括見積もりで幅広く見積もりを取ってみましょう!

 

 

引越し業者の有料オプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には、別料金がかかるオプションが存在します。
どんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

オプションの依頼が多いのはエアコンの移設なのだそうです。

 

エアコンは自分で外して、新居に設置ということが出来る簡単な家電ではありません。
電器屋に手配しては室外機との配管を抜いてもらって、新居で新設しなければならないので、非常に面倒な家電です。

 

しかし高価な家電でもありますから、新居に持って行きたい気持ちもわかります。
引越し業者にオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、同じくらいの費用で手間が省けますよ。

 

車なら自分で運転して運べばいいのに・・・と思われるかもしれません。
しかし遠距離の引越しの時はそうもいかないのです。

 

遠距離引越しで車の陸送を自分でするには、時間と体力があって、高速道路の運転も長時間運転もへっちゃらな人でないと難しいです。
運転や体力に自信がない方は引越し業者のオプションで依頼することになります。

 

引越し業者が荷物を一時預かってくれるのはなぜかと思われるかもしれません。
それは家のリフォームや建替えなどで一時的に仮住まいに引越しされる方々へのサービスです。

 

このようにあると便利なサービスが有料のオプションなのです。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

宅配業者に荷物を運んでもらう場合の料金はどの時期でも同じです。
もちろん郵便局のゆうパックなどでもそうです。
同じ荷物を同じ距離運ぶ場合に、値段が変わるなんてことはありませんね。

 

しかし引越し業者の場合は違います。
引越し業者は同じ量の荷物を同じ距離運んでも、運ぶ時期によって値段が大きく変わるのです。

 

どうして時期によって引越し費用が違うのでしょう?

 

それは引越し業者には繁忙期があるからです。

 

引越し業者の繁忙期は3月前後で、この時期は1年で最も引越し業者が忙しいのです。
日本全国どこの引越し業者もネコの手も借りたいほどの忙しさです。

 

なぜ繁忙期が存在するのかというと、4月からの新学期の準備のために、新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むためです。
また春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越しもあります。

 

これが一度に一斉に重なるため、この時期は下手をすると引越し業者が見つからないなどということも在り得る時期なのです。
繁忙期に引越しする予定がある方は早めに準備するか、必要なものだけ先に送って時期をずらしてから家具を送るなどの工夫が必要です。

 

 

引越しのゴミ捨て

 

引越し 粗大ゴミ

 

引越しのゴミ捨ては、できるだけ早く片付けることが肝心です。
引越しが決まった時は、すぐに不要なゴミ捨てを計画し、当日は最小限のゴミで済むようにするのが賢明です。
特に、不燃ゴミや粗大ゴミなどは、計画的に処理する必要があります。

 

粗大ゴミなどは、ゴミの回収業者に引き取り依頼しなければならないケースが出てきますが、回収業者に処理を依頼すると、数万円くらいかかることもあるので、注意しなければなりません。
冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機などは、家電リサイクル法対象品になるので、購入したお店で、処分してもらうといいでしょう。

 

また、リサイクルショップに持って行くと、無料で引き取ってくれ、状態の良いものなら、買取ってもらえる場合もあります。
引越しのゴミ捨ては、引越し業者にお願いすることもできます。
ただ、中小の引越し業者ではやっていないこともあるので、確認する必要があります。
一括見積りの際、あらかじめゴミ捨てを依頼しておけば、回収業者と料金を比較できます。
引越し業者の見積もりと、不要品回収業者の見積もりを比較して、ゴミ捨てを検討するといいでしょう。