引っ越し どうする 家賃

引越しでのダブル家賃の回避方法

引越し 家賃

 

引越しのとき、旧居と新居の家賃が同じ月に発生することがあります。
これは実にもったいないので、家賃が重ならないように上手に調整して引越しするのが理想的です。

 

まず現住所の契約書に、「何ヶ月前に告知すること」と書いてあるかを調べましょう。
もし3ヶ月前と記載があった場合はすぐに管理会社に連絡して、退去の意向をお伝えください。

 

3ヶ月前だと新居が決まってから告知したのでは間に合わず、ダブル家賃が発生する可能性が高くなるからです。
現住所の管理会社に退去の予告をしてから新居を探しはじめましょう。

 

大家さんも空き物件になるのは困りますから、次の入居者を探す手配をしなければならないのです。
マットやクロスの張り替え、ハウスクリーニングなどいろいろな手配が必要なので、いきなり退去されるのは困るわけです。

 

建設中の新築の物件を予約するという方法もあります。
まだ建設中ですから家賃が発生しません。 手付金を支払えば予約することができます。

 

他にも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。
しかし引き渡し日がちょうどいい新築物件や、フリーレント物件などは運がないと上手く探せないかもしれません。

 

最も現実的な方法は交渉です。
希望の新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみましょう。

 

新居物件のオーナーさんも物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なので、場合によっては交渉に応じてくれることもあります。
OKになることもありますから、ダメ元で交渉してみましょう。

 

それと駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告もお忘れなく。