引っ越し 悪天候

引越しと悪天候時の対応

引越し 悪天候

 

ものすごく当たり前なのですが、引越しの日の天気が選べません。
大雨だからといって、簡単に引越し日を変更することもできません。

 

普段の雨や雪であれば、引越しが延期や中止になることはまずありません。
雨や雪の中の引越しは普通に行われます。

 

引越し業者は引越し当日が雨であることも多く、手慣れたものです。
家の中に防水シートを貼ったり、タオルで拭きながら作業したり、靴下をいっぱい用意したりとしっかり雨の準備をして作業します。

 

ただし「完全防水」での作業は難しいので、濡れないで作業することはできません。
大事な物や水に弱い物は、引越し当日が雨であることを想定して、梱包時にビニールに入れておいてくださいね。

 

普通の雨や雪のときは行われる引越しですが、台風直撃や記録的大雪に当たった場合はそうはいきません。

 

週間天気予報で直撃するという予報が出た時点で、引越し業者にすぐに連絡しましょう。
日時の変更や延期、中止、行うなどいずれにしても、こちらの都合だけでは決められません。

 

無理して決行しても、依頼者が新居にたどりつけなければ意味がありませんものね。